メインコンテンツへスキップ

現在AWS直接契約中のAWSアカウントIDをリセールサービスに切替後、使用しているAWSサービスに影響が発生することがありますか?

例)

  • 利用しているリージョンの有効化・無効化の状態
  • Route53のドメインの管理
  • ACM証明書のドメイン検証
  • SESのサンドボックス
  • SNSのトピック・サブスクリプション

引き続きご利用頂けます。

 

  • AWSサポートレベル

当社が加入するエンタープライズをご提供いたします。
https://nhn-techorus.com/c-chorus/payment/#a-point04
お客様が現在ご加入のAWSサポートがご利用頂けなくなりますが、当社加入のエンタープライズを無償でご活用頂けます。

 

  • IAMグループ・ロール・ポリシー

引き続きご利用頂けます。

ただし、当サービスでは、請求代行サービスとして、移管頂きましたAWSアカウントIDにつきまして、
請求ダッシュボード全般やコストエクスプローラを含めた請求関連の機能につきまして制限を設けさせて頂いております。
このため、請求関連機能を用いた情報の出力等を実施されております場合には、ご利用頂けなくなります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています